しゅうにでカルボナーラ

好きなんだけど詳しくはないガジェット好き女子のブログ

Surface Pro 4 用にマウスを買ったら思いのほか良かった話

Surface Pro 4 とArc Touch Bluetooth Mouse

Surface Pro 4 はタッチ(指)、Surfaceペン、Type Cover のタッチパッドで操作できます。しかもシームレスに。
でもブログを始めてから机に向かっての作業が多くなってきて、マウスがあれば便利だろうなぁと思うことが増えました。


Arc Touch Bluetooth Mouse

どんなマウスが良いかなぁと物色していたら目にとまったのがこれでした。
Microsoft製の薄型Bluetoothマウスです。

Arc Touch Bluetooth Mouse の箱

Arc Touch Bluetooth Mouse 開封

こんな感じで入っています。まるでリングケースのようですね!(え?違う?)

そして実はこのマウス、変形します!

Arc Touch Bluetooth Mouse 収納

こうやって平べったく収納することができます。
持ち運びする Surface Pro 4 にピッタリの製品です。鞄に入れても邪魔になりません。
平べったいときは電源OFFの状態で、パキッとマウス型にすると電源がONになります。電源の切り忘れも無くて便利。

Arc Touch Bluetooth Mouse

ホイール部分はタッチ ストリップ(タッチパネル)になっています。
はじめは戸惑いましたが、しばらく使っていると違和感なく使えるようになりました。

クリックは少し固めです。

Arc Touch Bluetooth Mouse 電池

電池はここに入っています。単4電池を2本使用。

はじめは、「アーク タッチ マウス Surface エディション E6W-00008」というSurface用のブラックのモデルのほうが良いなあと思ったのですが、実売価格が3,800円ほど違ったのでこちらにしました。

でもよく考えたらグレーのほうが Surface Pro 4 のボディやペンの色とマッチしてますよね!

Arc Touch Bluetooth Mouse と Surface Pro 4


設定方法

ペアリング方法は簡単です。

Arc Touch Bluetooth Mouse ペアリング

裏側のペアリングボタンを長押しして

Windows10設定画面

設定>デバイス>Bluetooth」から

Windows10 Bluetooth設定

Arc Touch Bluetooth Mouse」を選ぶだけです。

マウスの設定は、Windowsストアにある「Arc Touch Bluetooth Mouse」というアプリを使います。
初期設定だとちょっと使いづらいので私はこのように設定しました。

Arc Touch Bluetooth Mouse 設定

「上下にページを移動する」をオフ
「振動/サウンド」をオフ
「中央タップ」を「中央タップを無効にする

これで快適になりました。

まとめ

形状上ホールド感が少ないので、長時間の作業だと手が疲れるかもしれません。
本当にがっつりマウスを使うような作業をする方は他の製品が良いと思います。

普段は Surfaceペンやタッチパッドを使っているけどたまにマウスを使いたいような人Surface Pro 4 と一緒に鞄に入れて持ち運びたい人にはこの製品は最高だと思います!
Bluetooth接続なのでUSBポートが1つしかない Surface Pro 4 にはありがたいです。

そしてこの形状が変化するギミックがもうたまりません。
使っていて楽しいですもん。

これで作業が捗っちゃいますね~!おすすめです!