読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゅうにでカルボナーラ

好きなんだけど詳しくはないガジェット好き女子のブログ

Surfaceペンのトップボタンの機能を変更する方法

Surfaceペンのトップボタン

Surface Pro 4 の Surface ペンのトップボタンは

  • 1回押すと「OneNoteを起動
  • 2回押すと「スクリーンショットを取ってOneNoteを起動
  • 長押しで「Cortanaを起動

という便利な機能がついています。

上記のデフォルト設定以外変更はできなかったのですが、ふと気づけばいつの間にか機能割り当てが変更できるようになっていました。


トップボタンの機能割り当てを変更するには

Surface Pro 4 には元からペンの設定やデバイスのシリアル番号などが確認できる「Surface」アプリがインストールされています。

Windowsストア ダウンロードと更新

Windowsストアの「ダウンロードと更新」から「Surface」アプリを最新に更新します。

Surfaceアプリ

Surface」アプリを起動。
ペンの設定を開いて、トップボタンの設定を変更します。

Surfaceペンのトップボタンに Evernote を設定してみる

シングルクリックを OneNote から Evernote に変更してみます。

Surfaceペン設定

Surfaceペン設定

シングルクリックのプルダウンから「デスクトップアプリを起動する」を選択します。

Surfaceペン設定

するとすぐ下に「プログラムを参照する」という欄が出てくるので「+」を押して「Evernote.exe」を選択します。

Evernote.exe

デフォルトでは「C:\Program Files (x86)\ Evernote\ Evernote」の中にあると思います。

Surefaceペン設定

これで Surfaceペンのトップボタンを1回押すと Evernote が起動するようになりました。
ただし、スリープ時に1回押した場合は OneNote のクイックノートが起動します。

使いやすいのは…

いろいろと試してみましたが、私は今のところデフォルトの設定が一番使いやすいです。
サッと書けるようにクイックノートが起動したりと Surface Pro 4 と OneNote の連携が最適化されているからだと思います。シングルクリックで Evernote の新規ノートが起動するように設定できたら最高ですね。

ストアアプリも設定できるので OneNote や Cortana をあまり使わない方は、他によく使うアプリを設定すると便利になると思います!

広告を非表示にする